オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
外付けHDDと緑のランプ

hddが認識されない

電源が入ってもパソコン側から認識されない場合の原因はいくつかあります。
まずパソコンにハードディスクを認識させるためプログラムである、デバイスドライバーに異常がある場合です。
この時にはデバイスマネージャから一度ドライバを削除して、もう一度認識させなおす方法があります。
別の原因は何らかの理由で、作ったパーティションが認識されていない場合です。
この場合データそのものはまだ無事なことが多いので、データをサルベージした後、フォーマット、パーティションの切り直しが必要となります。

アクセスできない場合
一時的なPCやハードディスク側のエラーのためにアクセスできないこともよくありますから、まずは再起動してアクセスできないか試してみます。
それでもだめなら次のことを確認します。
USBにはバッテリーの節約のために、USBを機器ごとに休止状態にできるセレクティブサスペンドという機能があります。
この機能によって、何らかの不具合が生じてアクセスできなくなることがあるので、まず電源オプションなどからこの機能を無効にして、アクセスできるようになるかどうか試すことができます。
いずれの場合にも修理に出すと大抵データは消去されてしまうので、注意が必要です。

録画用HDDレコーダー

hddの故障の可能性

単純な接続のミスやケーブルの破損、パソコンの設定ミスやファイルを削除してしまった程度なら、個人で対応することも十分に可能です。
しかし、hddの故障などのケースでは、下手に素人が対応してしまうと、トラブルをより深刻化してしまいかねないのです。
データ復旧は以前に比べコストが安くなっています。
成功報酬型のデータ復旧業者登場しています。
大切なデータの場合は、すみやかにデータ復旧業者に連絡を取り、相談をすることが重要です。

hddの電源
外付けhddを認識しないときにまず確認するのは、ハードディスク自体の電源が入っているかどうかです。
耳を澄ませて回転音や冷却ファンの音などが聞こえるかどうかによって判断できます。
電源の供給には、USBを電源としている場合と、コンセントからアダプターを利用している場合の2種類があります。
USBの場合には、ケーブルの断線やUSBポートのほこりなどによる接触不良が考えられます。
ケーブルの交換や、ポートをエアダスターでの清掃などを試してみることができます。
コンセントからの場合、電源スイッチに反応がない場合には、文字通りの故障の可能性が高くなります。

HDD内蔵ビデオ

大切なデータが消えた

仕事やプライベートの大切なファイルは、外付けのhddに保存している人は多いようです。
いざ、保存しているデータを利用しようと思って、外付けを起動してみても、hddが認識しないというケースもあります。
まず始めに、電源や接続ケーブルなどを確認して、パソコン側の設定などを見直していきます。
外付けhdd側の操作は取り敢えず止めておきます。
接続が正しくできているか、接続ケーブルが断線を起こしていないかなどの確認をしていきます。

データ復旧業者の利用
大切なデータが読み取れない時は、すぐにデータ復旧業者に連絡を取るのがベストです。
簡単な作業でデータを読み取れるケースもありますが、万が一深刻なトラブルだった場合、初期の対応が重要になってきます。
初期の対応次第で、データの復旧ができる状態だったのが、初期の対応に失敗してデータ取り戻せなくなることがあるのです。
それほど重要でないデータなら、自分でデータの復旧をチャレンジしてみてもいいのですが、仕事やプライベートの大切なデータなら、データ復旧業者に任せるのが安心です。